毒と罠

どこぞの椎名林檎みたいなタイトルだけども、特に理由はない。

 

今日はブロードウェイ観てきました〜わ〜い。

Finding Neverlandという、ピーターパンの作者の物語。どうも去年映画化されて、それが舞台化されたものらしい。

 

マシューモリソンという有名人が主人公役ってことで他の日本人が観に行って面白かったというので行ってきました。まあ、残念ながら、ちょうどマシューモリソンさんはバケーション中とのことで他の方がやってたんだけども……別に私は知らない人だから良いんだけどさ。笑

 

土曜マチネ、1時間前から並んで4列目下手端。ブロードウェイの舞台は宝塚大劇場のようにうまくできていないので、すべての席で見やすいなんてことはなく……近すぎて見えない部分も多々。しかし本来$150ほどする席が$40弱だったので文句はありません。それに、臨場感という意味では凄かったもの。

 

お話は、最後ほろりときてしまいました。結構、離婚や死を抽象的に、シンボリックに描いている部分もあったのだけど、それがピーターパンが生きるネバーランドという幻の世界とうまくマッチしていたと思う。

 

ブロードウェイの演者さんたちの歌、踊り、身体パフォーマンス……やはり世界中から精鋭たちが集まってくる場であるので、素晴らしいです。この舞台までたどり着くための、そう多くはないチャンスを掴むために、日々精進して、そうした人たちが集まってこの舞台が作られているのだなあ……と思うと涙なしには見れない。笑

つらいことを外には出さずに常に役として生きるその姿は、美しい、です。もちろん、演者さんだけではなくて、スタッフ、オケ、すべてがあって初めて成立するショービジネスの世界。私はやっぱり、大好きです。いくら金にまみれていようとも、、笑

 

日本でも最低月1で観劇してたんだから、もっと観て良いんじゃないの、自分。とちょっと甘やかし気味。でもせっかくの機会だし、まだまだ観たい演目はたくさん。

次は多分シカゴ。マッサンのヒロイン、シャーロットケイトフォックスさんが今月末から来月上旬まで主役を張るとのことで、観に行こうかと思ってます。もちろん当日券を買うことができれば、だけど。笑

 

しかしその前に中間テストが2つ、レポートが1つ(ともう1つ出される予定)、毎日ジャーナルを書かねばならないし他にも……あ、冬服も買わないと。

金〜火と休みで、金曜はマンハッタンうろうろ買い物などして終わったし、今日も今日とて観劇して終わり。明日は、そろそろ、勉強せねばです。ぼちぼちがんばります。