読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コマーシャルと人種問題

メディアの授業で見せられたコカコーラのこのコマーシャルがすごく好きで、一日に何度も再生しているし、ときには口ずさんでいる。

 


I'd Like to Buy the World a Coke Commercial ...

 

このコマーシャルは世界中から若者を集めて、コカコーラ片手に一緒に歌を歌わせることで「コカコーラはあらゆる境界を超え、世界を繋げる」ことを伝えようとしているらしい。

 

しかし私が気になったのは、暗に示されている白人中心社会の様子。

最初と最後にアップで映るのは白人。だし、映し出されるのは(集められているのは?)圧倒的に白人が多くてアジア人、黒人が少ない。気になってこのコマーシャルが作られた当時(1971年)の人口分布を調べてみたところ、以下のグラフ*1が得られた。

 

f:id:mi3kaku4kaku:20151103132328p:plain

 

1971年当時から圧倒的にアジア人が多いやん!

いや、南アジアの人口(インドとかバングラデシュとかパキスタンとか)はヨーロッパと変わらないくらいなので、今よりアジア人の比率が小さいのは確か。だけども、あまりにもCMにおいてアジア人が少ないと思うのである。

黒人はこんなもんか?と思わないでもないけども。(私が黒人についてあまり何も知らないからそう思うだけかも。)

 

どうしてこうなってしまったのか。

今から40年以上も前という時代のせい?アジアの国々の影響力が強くて、かつ3人に2人がアジア人*2という現代なら、もっとアジア人の比率が多くなる?

それとも、ロケ地はイタリアの田舎だし、ヨーロッパ人を集めて来やすかっただけ?

答えはCMクリエイターのみぞ知る。

 

これを意識的に行っていたならともかく、無意識で行っていたら恐ろしいなぁ。

 

ニューヨークに来て3ヶ月弱、思っていた以上に白人が少なくてびっくり。私が住む地域が白人少ないだけかもしれないけど、マンハッタンとクイーンズ区を結ぶ7番線で見かけるのはヒスパニックとアジア人ばかり。

クイーンズの中でもフォレストヒルズ(良い雰囲気の住宅街)、アストリア(マンハッタンに一番近い良い雰囲気の地域)に行くと白人が多くて驚く。ちなみに日本人も比較的多い。

人種が明らかに、無意識のうちに分断されている気がする。学校でも人種を超えて交流している場面よりも、同じ人種、宗教同士で交流している人を見かけることの方が多い。

 

日本を発つとき、父に「向こうでは無意識のうちに差別されるから」と言われたこともあって、私の見方に多少のバイアスがかかっていることも否めないけど。

 

いやー、人種問題、おもしろい。

 

ちなみにコカコーラ公式でこのコマーシャルに関するページがある。

The Making of Coca-Cola's "I'd Like to Buy the World a Coke" Ad: The Coca-Cola Company

ポスター広告だけ見て、英文は一切読んでないけど、多分CMの歴史とか書いてある。

*1:グーグル先生より。すげい時代になったもんだ。。

*2:グーグル先生曰く60パーセントのこと。