おかえりとただいま

帰る場所があるということは本当にありがたいことです。

 

私は美術館やら博物館やらギャラリーやら、とにかくどこに行ってもパンフレットなどを貰って帰る癖があり、それが溜まりに溜まって膨大な量になってきたので、そろそろ日本に送ろうかな。と思って段ボールに詰めているのだけれど、それを送る先、つまり私を無条件に受け入れてくれるところがあるというのは、本当にありがたいし、嬉しい。

 

それを心の支えにして今ここになんとか踏みとどまれている気がする。

 

本当は日本に帰りたくて帰りたくて仕方がない。ニューヨークの方が食料品に税金がかからないし地下鉄バスは116ドル払えば1ヶ月乗り放題でしかも24時間動いてるし徒歩5分圏内に駅とスーパーと薬局とカフェとエトセトラがあって圧倒的に住みやすいと思うけど、それでも、私の居場所は日本だと思う。

こっちで自分の属するコミュニティがないからそう思うだけなのかもしれないけれど……。

 

あはは。

 

まあ色々考える時期である。

まだうまく言葉にできないけれど、いつか、何か、できたらいいな。